― 最新 洗脳・催眠人気ランキング!! ―

― 最新 SEXマニュアルランキング☆彡 ―

2012年09月28日

彼女の愚痴に対して

よく女性の愚痴、おしゃべりに付き合うときは、
けっして否定せず、全てに共感し受容せよ、と言われる。
なぜなら、女性はただ話を聞いて欲しい、
自分の気持ちを理解して欲しい、共感して欲しいと、
そう思っているだけだからだ。
そして、意見は求められたときだけ発言する方が無難。

男は支配すること、勝ちにこだわる。
基本的に男は相手の上にいたがるわけだ。
だから、ついつい「それは違うんじゃない?」とか、
「〜こうしたらいいでしょ」とか、
無意識に上から目線で物を申していることが多い。

俺もこの男女の違いを知ってから、
余計なことを言ってしまわぬように
気をつけるようになったけど、
仕事の話をされると弱いんだよなぁ・・・。
自分で言うのはなんだけど、
俺は自分のことを、そこそこ仕事が出来る人間だと自惚れてまして、
自意識過剰気味な部分があるので(笑)、
仕事の話をされると余計にあれこれ言いたくなってしまう。

昨夜もね、彼女が家に来てたんだけど、
仕事の愚痴を長々としゃべってくれるわけよ。

そんなときは、どうしてもどうしても我慢出来ずに、
俺の意見を言ってしまうこともある。
でも、そういうときにも気を付けていることがある。
それは、否定形の言葉から入らないようにすること。
「いや、〇〇でしょ」とか、「そうじゃなくてさ」とか、
「でもさ」とか、英語で言う「BUT」は使わないように。
意見を言ってしまっても、
これで相手へ与えるマイナスの影響は少なくなるはず。

昨夜、そんな長い愚痴に付き合い、
(この愚痴って、ある意味催眠誘導効果があるね)
さぁ寝ようかなと久しぶりにぐっすり寝たいと思って、
眠剤のマイスリーを飲んで横になった。

そしたら彼女がエッチモードに・・・。
んー、明日の朝早いんですけど・・・。
彼女の執拗な口撃を受け、
とりあえずムスコも元気になったので、
性交してみたけれど、マイスリーの効果で、
ムスコも途中でお眠りになったとさ、チャンチャン。


もっともっともっとすごい世界がある!!!
心理学や脳科学や気功もすごいし、
NLPや現代催眠のテクニックがやはりすごい…。
恋愛もセックスも脳が根本にあるのだよね。

■悪魔の手引書■
女性を瞬間であなたの「もの」にする悪魔のトリック
絶対に逃れる事が出来ない罠とは
■ The Bible of the devil■



posted by 須内波亜 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女の脳の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

デートの場所を決める際も

最近、グルメモードで週末が忙しいは、
太る要素満載なデートばかり。
食事のあとはベッドのうえでエッチな運動するけど(笑)
でも、そんな運動では消費出来ないくらいのカロリー摂取…。
それぞれの女の子にとってはたまの贅沢な食事なんだろうけど、
俺にとっては相手が変わろうとも俺は1人なわけで…。

ところで、デートで食事に行くことになったとして、
その食事をする場所に行くプロセスも、
女の子にとっては大事だということは、
以前にもお伝えしたことがあるとおり。

でも実は大事なことはその前から始まっている。
デートの場所を決めるわけだけれど、
どうやって決めていくかというプロセスも大事なんだな。

たとえ女の子に「おまかせするよ」と言われても、
けっして自分だけであれこれ考えて、
そして決めた結論だけを相手に伝えるのは良くない。
いきなり「葉山のマーロウにしたよ。」とかね、
ちなみにマーロウのプリンは美味いよなぁ…。
ちょっとしたギフトに俺は使うこともある。
パウンドケーキもギフトにはいいやね。

話がそれたけれど…、
もし自分の心の中に決めている店があっても、
選択肢を与えながら、その店に結論を導いていくようにする。
女の子の意見や気持ちを聴きながらね。

こういうことの積み重ねが、
女の子の潜在意識に“快”を与えていく。
“快”は快感ということ。
快感は恐ろしいほどに中毒性があるから、
快感を与えてくれる貴方に自然と依存していく結果になる。

プロセスを女の子が大事にするというのは、
脳の構造的な影響や、
大昔からの女性の役割などの影響によるもので、
理屈でどうのこうのってことではないのだから、
配慮した行動を男が取るしかないのだな。

別に難しいことではない。
やるか、やらないかだけのことだ。



DearWoman&Courage
 〜最愛の彼女を短期間で作るための最後の切り札〜



posted by 須内波亜 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女の脳の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

共に感じちゃうのポイント

会話力って自信ある人って多くないよね、きっと。
まして男だと女の子と話すこと自体が、
苦手って人の方が多いのかもしれない。

ナンパとか場数を踏めば、
苦手意識なんてすぐ吹っ飛ぶだろうけど、
ちょっとそういうのは…て人は、
とりあえず風俗とかキャバクラに行ったらいいよ。
そこで女の子に主導権を握られるのではなくて、
こっちがリードしていけるようになれれば、
けっこう成長だと思うよ。

あとナンパもののDVDをひたすら見るのもいいと思う。
何回も見ているうちに会話のリズムや流れなんてが、
自然に潜在意識へとインプットされてくるはず。
それは実際の行動できっと役立つもになります。

さて、会話は催眠術でも心理テクニックでもとても大事。
もちろんナンパとか女の子を口説くときにもね。
会話で重要なことのひとつとして、
「受容」と「共感」については何度かお伝えしたとおり。

今回は、この「共感」に関して、もう少し掘り下げつつ、
男女での違いと注意すべきポイントなどを少々。

男と女は、大昔からの役割の違いなどによって、
“言葉”の使用目的、使い方が違うってことも、
以前にお伝えしたことがあります。
脳の構造が違っている事実が影響してることも、
同じようにお伝えしたとおり。

男が言葉を情報伝達の手段として使います。
つまり、言葉を信号や記号を発信するかのように使うわけ。
一方、女は言葉を心の交流や、和を紡ぐために使います。
この違いが男女間でのコミュニケーションの障害になることが多い。

女の子は心の交流を図ろうと、
もっと内面的な感情を伴った会話をしようとするのに、
男は表面的な部分にしか気にとめないことが多かったりね。

男は相手の話を聞くときに、
何が言いたいのだろう?要旨はなんだろう?と、
自分の中で勝手にまとめあげようとする傾向があります。
会話自体を簡単な信号とか記号にまとめあげようとしちゃうのね。

また話に出てくる物事自体に注目をして、
それが良いものなのか、悪いものなのか?
また得をするものなのか、損をするものなのか?など、
現象的、合理的なことを考えがちです。

この人好きかも…とか、エッチしたいな…とか、
抱かれたいな…とか、気持ちいい…とか、
こういうことって感情的な部分(内面的な部分)でしょ?
この感情的な部分でコミュニケーションをして、
この感情的な部分を刺激してあげてこそ、
ナンパとか口説くときの成功率が高まるわけですよ。

「今日ね、お客さんに怒られちゃってね。
 また、それを上司にも怒られたんだよぉ。」
なんてことを女の子が話してきたとしたら、
彼女は怒られた時、どんな風に胸が痛んだだろう、
上司にまで怒られて、さらに悲しかったかな…とか、
この場合、相手の痛みを自分に置き換えて、
よりリアルに想像して自分も味わうようにするのです。

多くの男が苦手とする感情にスポットを当てた会話、
これが出来ると他の男を差がつけられるのですよ。

それにしても“よりリアルに想像する、イメージするって、
俺はけっこう大事にしているみたいで、
ここんとこよくブログに出てくるキーワードかな。
この“よりリアルに”ってのも、
また機会を改めて語ってみようかね。



“全額返金保証”ってのが、
すごい自信を感じさせますねぇ。
貴方はカリスマナンパ師が無意識に、そして自然に使う、
催眠系、心理系テクニックにいくつ気付けるかっ!?
■ナンパDVD■
奇跡の実録ストリートナンパ映像10時間
カリスマナンパ師の極秘テクニック
あり得ない特典付き【365日全額返金保証】



posted by 須内波亜 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女の脳の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

男女の別れ方の違い

山本KIDが離婚だってねぇ。
奥さんのMALIAは既に“思い出”としているみたいだけど、
山本KIDの方は未練一杯の様子みたいですね。
「またマリアと結婚してみせる!」だって。
彼と俺は同学年ってこともあって、
なんだか余計に胸に痛いものを感じます。

KIDのところの離婚について、
本当の理由は知らないけれど、
(まさか3人も子供がいて、
 エッチ、性の不一致ではないよなぁ 笑)
男女の脳の違いの影響もあって、
“別れのとき”にも、
その行動には男女で差が出ることが多いものです。

一般的な傾向としての話ですが、
男は付き合ってたり、結婚している相手に対して、
何か不満があると、割とその都度それを表に出して、
耐えきれない何かがあったそのときに別れを切り出します。
そして基本的に不満を溜めこむことはあまりありません。

一方、女の子は不満について、
その都度不満を表に出すことは少なく、
小さな不満でも大きな不満でも、
心の中に溜めこんでいきます。
そして、小さな不満が最後のきっかけでも、
心のキャパを超えてしまうと、
別れを切り出すことになるというケースが多くあります。

しかも、男によりも女の子の方が、
感受性が強いので男にとっては感じないことでも、
男にとってみたら小さな小さなことでも、
不満として敏感に受け止めてしまうこともあります。
そして、それはまた溜めこまれていくわけです。

また女の子の多くは別れを決意した時点で、
MALIAのように過去のこととして処理出来るのですよねぇ。
それはきっと女の子というのは、
“今を生きる”性だからだと思います。
だから、男がやり直したいと思っても、
時すでに遅し、となってしまうことが少なくないのです。

男は、そういう性質の生き物であることを自覚して、
女の子の不満が溜まってきていないか、
ときおり気にしていないといかんですね。
溜まっているようなら「何でも言ってよ」と、
吐き出すときを提供しなくてはいかんです。
ときおり吐き出してくれていれば、
心のキャパがいっぱいになることは避けられるでしょ!?
定期的なメンタルケアが大事ってことかな。

あくまで一般的傾向の話ですよ。
俺は違う、俺の彼女は違うとか言いっこなしね(笑)

最近、KIDは格闘技でも敗戦続きだけど、
俺にとっては大好きな格闘家のひとりなので、
めげずに頑張って欲しいなぁと思います。
頑張れ!山本KID!!!


潜在意識を洗脳する恋愛心理操作術!
男性用入口
女性用入口






posted by 須内波亜 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女の脳の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

食欲と性欲

男女の脳の違いを知ると、
男と女はまったく別の生き物であると感じることもあります。
女の子を口説くなら脳の違いも知っておくべき。

男と違って女性の場合、
「食欲」「性欲」という二つの本能的欲求は、
脳の中でとても近い部分が司っています。

その影響で女の子の場合、性欲が満たされないときは、
その代償として食欲に走るケースが多いのであります。

失恋をしてヤケ食い…なんてのは女の子に多いですよね。
これも性的欲求の代償行為と考えられます。

また、食欲旺盛、食べること大好きな女の子は、
性欲も旺盛である傾向が強いと考えられます。
食欲のキャパと同じように、
性欲のキャパも大きいという感じかな。
まわりにそんな女の子はいますか!?

ついでにこれは前も話したことがあると思うけれど、
一緒に食事や飲みに行って、
そのあとのエッチを目論むならば、
女の子をお腹一杯にしないでおく方がベター。
食欲が満たされると性欲も制御されてしまう傾向がありますから。
満腹な子はエッチモードに移行させるのに、
苦労するって経験がある男子もいるのでは??

もちろんあくまで一般的傾向の話ですよー。
俺の彼女は違う!とか言いっこなーしね。



「脳の取扱説明書」とも呼ばれるNLPのテクニックや、
超コミュニケーション心理学が盛り込まれています。
多くの人がその内容に驚いています。
特典のSEX教典も“使えます”!
肉棒をぶち込む悪魔の手引書
■絶対に逃れる事が出来ない巧妙な罠とは■
THE Bible of the devil


*今なら俺からの特典もプレゼント中ですよ!


posted by 須内波亜 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女の脳の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
みなさまの応援は記事更新の力になります! 応援ぽちをぜひーっm(__)m 3.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。